就労移行支援事業所は障害があり、就職が困難な方が働く為に必要な知識・能力を身につけられる場所です。

就労移行支援

就労移行支援を受けたいのに、どこに支援施設があるのか解らないという、障がい者のみなさん、鴻巣職業訓練センターはどうでしょうか。

こちらのセンターは、障がい者の就労支援と、社会への参画を手助けする施設です。
どんな就労支援を行うのか、簡単な流れをご紹介します。
1 障がい者ご本人などと、面接や適性検査などを行い、個別の支援計画を決定する。
2 センター独自のワークトレーニング(KPT)、PC訓練、ビジネススキルトレーニングなどを行なう。
3 製造、仕分け、検品などの業務作業の訓練。
4 就労見込みの業種での実習を行って、就労意識の向上や、課題を再発見する。
5 障がい者本人が希望する、さまざまな検定を取得する。
6 模擬面接などを行ない、面接に対する自信を付ける。
7 実際の面接を受ける。
8 内定を企業などからもらい、就職する。
という、流れで、障害者の就労支援を行っています。

なかには、就職後に不安をお持ちになる方もいるでしょう。
こちらの鴻巣職業訓練センターでは、就職後の定着サポートも行っています。
例えば、
・ 職場の人間関係。
・ ご本人の体調や、将来の不安
などに、就労先の企業や、さまざまな関係機関と協力して、みなさんが、仕事を安心して続けていけるように、サポートをしています。
ぜひ、鴻巣職業訓練センターで、みなさんが安心して、就労できる仕事を見つけてください。

投稿日: