日本のがん治療のに関する統計を知っていますか

がん治療

日本の癌に関する統計を知っていますか。
最新の統計によると、2012年に、癌によって死亡した人の人数は、
・360,963人、(男性215,110人、女性145,853人)
2010年に、新たに診断されたがんの患者さんは、全国の推計で、
・805,236人(男性468,048人、女性337,188人)
だそうです。
しかし、癌は早期に発見、そして、早期に治療を開始すれば、完治や延命ができるそうです。

でも、人間ドック(内視鏡検査)に関して、
・ 仕事や家事などが忙しく、受ける時間を取ることが難しい。
・ 以前、検査を受けた時に、痛かったので、あまり受けたくない。
という方もいるでしょう。
しかし、新日本橋石井クリニックさんでは、無痛内視鏡検査を行っています。
この検査は、鎮静剤などの投与によって、まるで、眠っているような状態で、熟練した技術によって、安心して内視鏡検査を、受けることができます。
同時に、ポリープが発見されても、同時に切除することができ、また、切除後に入院する必要が無いため、翌日には、仕事をすることができるそうです。

また、新日本橋石井クリニックさんでは、免疫細胞療法(ANK免疫細胞療法)という、新しい癌治療を行なっています。
この、(ANK免疫細胞療法)という、免疫療法は、
1 患者さんから採取した、リンパ球の中にある、NK(ナチュラルキラー)細胞を活性化、増殖する。
2 そのNK細胞を、点滴で患者さんの体内に戻す。
3 戻されたNK細胞が、癌を攻撃して、死滅させる。
という、人間の、体内の防衛機能を活かした療法です。
そのため、副作用が出ることが無いそうです。
がん治療の、選択肢の一部にこの(ANK免疫細胞療法)を考えてみたらいかがですか。

投稿日: